まじめに指導実績37年! プロ教師・授業の質に自信あり! 料金総て明示!医学部卒業のための専門家庭教師ならウェルズ!本文へ

医学部の現状と家庭教師が必要なワケ

家庭教師は高校生までのものと思っていませんか?

確かに、以前は小学生から高校生までの生徒さんが多かったのですが、近年ウェルズ家庭教師センターでは、大学生の皆さんからのお問い合わせが急増しています。中でも、ここ数年は医学生が家庭教師を利用するケースが発生し始めているのです。

なぜ今、医学生にプロの家庭教師が求められているのでしょうか。

その答えは、「医学部の常識」の変化にあります。

医学生の学力低下

医療系学部の最高峰に位置する医学部ですが、昨今の日本の理数系教育の弱体化や医学部の定員増加、AO入試を始めとする大学入試の多様化、少子化などを背景として、医学生間の学力のばらつきが目立つ状況になっています。

その一方、医師として社会から求められる役割・技能・知識は年々高度化、集積化しており、医学生が在学中に習得しなくてはいけないことは増え続けています。その結果、医学部に入学したものの、入学後に専門的な授業が理解できず、単位取得や進級に苦労している学生が増えているのとの見方をしております。

高い留年率

このような現状から、ここ数年で医学生の留年率は急激に上昇しています。

進級要件の厳しさから、昔から他学部に比べると留年する学生が多かった医学部ですが、最近では2年生や3年生を中心に1学年で10人以上が留年する大学も珍しくなくなっているようです。

高校までの勉強とは質・量共に別次元なのが医学部の勉強です。

入学試験で良い成績を取ったからといって留年から免れるわけではないので、油断は禁物です。

 

このように、医学部を取り巻く環境は激動の中にあります。

たとえ医学部出身の家庭教師でも、新しい制度やカリキュラムについてきちんと知らなければ、医学生に対して適切な指導を行うことはできません。

私たちウェルズ家庭教師センターの強みは、指導にあたるプロの家庭教師と教育相談スタッフが医学部の事情に通じていることです。プロの家庭教師の中には医学部出身者で国家試験取得後も家庭教師を続けてこられている者もいるため、自身の経験を踏まえながら、普段の講義サポートから国家試験対策まで、医学生に対して常に最適な指導を提供することが可能です。

Back to Top